top of page
  • 執筆者の写真夏樹陽子

山本陽子さん急逝により代役を務めることになりました

皆様、ごきげんよう。暖かくなったりまた寒くなったりと一進一退の気候ですが、お元気ですか?気温の変化に身体が追いつけるようたっぷり睡眠を取りましょう。


さて、表題にある通り2月20日に大先輩の山本陽子さんがお亡くなりになりました。深く哀悼の意を表します。


インタビューでもお答えしましたが、私の夏樹陽子の「陽子」は10代の駆け出しのモデル時代、初めて出会った女優が山本さんで、芸名も山本さんの名前にちなんで着けさせていただきました。


そんな憧れの山本陽子さんの予定していた舞台、アガサ・クリスティー原作の舞台「そして誰もいなくなった」の代役が決まりました。突然の訃報と代役のオファーでしたが、不思議なご縁とご供養になればという思いでお受けしました。


とは言うものの、今では憧れの山本さんの代役ということで非常に責任も重く、10日間ほどよく眠れないほどでした。ですが、受けたからには山本陽子さんが天国で喜んでくれるよう全力で取り組む覚悟です。


そんな想いで立つ舞台ですので、皆様にもぜひ力をお貸しいただきたいと思っています。ぜひお出でください!







Comments


bottom of page